なつかしの昭和レトロのお宝発掘

昭和レトロおもちゃの世界

昭和レトロな遊び

昭和の紙芝居から火が付いたレトロなヒーロー「黄金バット」

更新日:

黄金バット

出展:ニコニコ大百科(仮)

「黄金バット」誰もが一度は耳にした事があるのではないでしょうか?

漫画、アニメ、実写映画にもなった、昭和の大人気ヒーロー「黄金バット」。金色の骸骨の姿で、漆黒のマントを身にまとう、スーパーヒーロー?アンチヒーロー?その、両面を持つ孤高のヒーローです。

一番最近では、2011年(平成23年)4月アニメ版黄金バットが「フルアニMAX」で配信されたので、平成生まれの若者もご存知かもしれません。

この昭和の人気ヒーロー「黄金バット」は、どのようにして誕生したのでしょうか?ヒーロー誕生の歴史をひも解きます。

 

黄金バット誕生の瞬間とは?

黄金バットは、1930年(昭和5年)紙芝居から生まれたヒーローなんです。

紙芝居の源流をたどっていくと、その昔、江戸時代にあった「のぞきからくり」や「写し絵」からの派生だと言われています。

昭和初期には、東京だけで約2,000人の紙芝居業者がいたと言われて、当時の子どもの最大の娯楽だったんです。

 

 

人気紙芝居「黒バット」の最終回で登場するナゾのヒーロー

黄金バットは1930年(昭和5年)、鈴木一郎さん原作の紙芝居「黒バット」の最終回で突如登場します。

白骨面に黒マントの怪盗「黒バット」は、街頭紙芝居シリーズで大変人気のシリーズでした。不死身の悪役である黒バットを倒すヒーローとして、黄金バットが登場。

昭和初期のヒーローに多かった「人か魔物か」の間の、超人的な存在としてスタートしています。

死の象徴である骸骨、不気味なコウモリが特徴的で、当時その存在そのものがとても斬新でした。

今のような、能動的に世界を守るヒーローとして悪と戦うのではなく、基本呼ばないと来ない(笑)召喚型ヒーローです。

マリー・ミレというヒロインが祈ると、その祈りに応え登場するんです。

 

現代に残る黄金バットは原作と同じなの?

昭和5年「黒バット」で登場したナゾのヒーロー「黄金バット」が子どもたちに人気だったため、黄金バットを主人公とした紙芝居が次々に作られました。

当時、著作権意識は存在しなかったため、色々な黄金バットが登場したんです。セリフも紙芝居の裏に書かれてはおらず、口伝。大筋のストーリーはあるものの、内容は紙芝居演者によって多少異なるのが普通でした。

この戦前に作られた黄金バット、戦時中に焼失したものも多く、戦中の混乱で大半が失われてしまいました。

現代のように印刷ではなく、紙芝居自体が手書きで描き写されていたので、もともと部数は少なかったんですね。

 

黄金バットキャラクターの変遷

昭和初期、初登場した黄金バットは、西洋風の服装で長髪に帽子をかぶり、黄金丸というサーベルを操る黄金の骸骨でした。金色の顔の老人のいでたちで描かれているものもあります。

終戦直後、進駐軍より仏像のようないでたちのヒーローに変えられてしまいます。

しかしその後すぐ、元のキャラクターが少年誌で復活、現在でもおなじみの、襟付き黒マントでたくましい金色の骸骨という姿に変わっていきます。

 

黄金バット人気の歴史

黄金バット映画

出展:Amazon

1930年(昭和5年)に紙芝居に登場して大人気を博した「黄金バット」、1947年(昭和22年)には少年誌に掲載されます。

1950年(昭和22年)映画「黄金バット摩天楼の怪人」公開

1966年(昭和41年)映画「黄金バット」公開

1967年(昭和42年)黄金バットアニメ版全52話、アニメ映画「黄金バット」公開

その後もアニメ版は再放送され、2011年にもアニメ版が全話配信されています。

 

黄金バットの魅力って?人気はなぜ続く?

黄金バットに出てくる敵は、強烈に強いんです。

悪の組織は超巨大で、化学兵器、軍事兵器を所持して自然災害を人工的に起こしたり、小国を乗っ取ったりと、とてつもなく強いナゾの組織なんです。

出てくる敵キャラクターも、巨大兵器、サイボーグ、巨大な怪獣など、やたら強くて人間が敵うような相手ではありません。

物語の後半では、暗黒バットという黄金バットのダークサイド版のようなライバルも現れます。

でも、その強烈に強い敵に、黄金バットは勝ち続ける。必ず勝つんですね。

そして、ナレーションで「強い!」と煽るんです。

しかし、そんな最強ヒーローには、強い正義の見方というだけでなく、背負い続けなければならない暗い過去がある。

死ねないという罰を背負って、戦い続けるヒーロー、戦うことしかできないヒーロー、それが黄金バットなのです。

不死のヒーローには、最強の敵を与えなければなりません。その工夫が子どもたちを飽きさせず、絶対的な正義が心を掴んで離さなかったのではないでしょうか。

-昭和レトロな遊び
-, , ,

Copyright© 昭和レトロおもちゃの世界 , 2020 All Rights Reserved.